2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らなかった~!

今朝、何気に知ったのですが
トニー・シェリダン氏が亡くなっていたんですね
心よりご冥福をお祈りいたします

ホーネッツはハンブルグ時代のビートルズを目指してというスタイルですが、トニーが居なかったらビートルズは世界に名を馳せる事が出来たのだろうか?・・・
それくらい重要な人だったんではないでしょうかね
20130169.jpg
最期のステージとなった2012年4月のオランダ

マイ・ボニーやヤ・ヤ・・・ジョン・ポール・ジョージにアメリカを植え付けたと言ってもいいのかな
sheridan.jpg
エレキのピックアップ増設?
スゴイね
当時でエレアコって有ったんでしょうか?

ビートルズのメンバーと同じリバプール出身
同郷の好(よしみ)・・・そんなものがあったのでしょうね
ただのバンド仲間っていうよりは、時には兄になり、弟になり、みたいな
Tony Sheridan and The Beat Brothers
長ったらしいね
Beatlesはドイツ語のPidels(ピーデルス);男性性器の隠語に発音が似てるとかでBeat Brothersに成ったんだって
それでもいいじゃんって思うのは愚か者のワタシ
トニーさんて真面目な方だったんでしょうね

トニーさん!ありがとう
あなたのお蔭でマイボニーを歌って居るものより・・・

● COMMENT ●

トニー・シェリダンというと、ビートルズをバックに従えていたというイメージがあって…
勝手にビートルズより5歳から10歳上の先輩だと思ってた
ジョンと同い年の若造だったんだね!
皆さん、いつの間にかお亡くなりになっているんですね~
自分だって50代半ばなんだから、先輩方はね~もっと新聞を読まないとダメか(笑)
そう考えるとストーンズって奇跡のバンドだ
悪魔と取引して、不老不死を手に入れたのかもしれない(笑)

私も知らなかったヮ!

ここに来て知りました。
トニー・・・冥福を祈ります。
私もBEATLESを聞いて育った人です。

子供の頃、SANYOのラジカセでFMを聞いてたらBEATLES特集がやっていて慌てて録音をした記憶が蘇ります。1曲目が「オールマイラブィング」だったのが覚えています。大ファンになりましたョ!
あれから38年・・・
liveでは必ずBEATLESのナンバーを歌います。
色褪せないサウンドだよネ?
トニーやスチュ、ピーターの存在は大きかったのカナ・・・と思う。

マルタツ兄ぃ~
そうなんです!オレもそう思ってたさ
しかもドイツ人だって勝手に思ってたんだ
YA・YAを紹介するときの言い方がドイツ語だ!ってね(笑)
あれは彼では無いのかな?
ドイツ語のYES・・・JA(農協ではありません);ヤーと思いこんでるワタシです

TERAちゃん
その番組って夜中に公式レパートリー全部ってやつかい?
オレも録音した(笑)

いつの時代でも、何処の国でも『縁』という得体の知れないものがあるんだって思ったよ
ビートルズが無名で終わってたらトニーさんの存在すら知らないで居たはず

オレはヒデやテツに出会って、ホーネッツが出来て、いろんな人と出会って・・・
こうして、マルタツ兄ぃやTERAちゃんとも ね
ビートルズが『縁』なのか、神様の為せる技なのか・・・不思議です


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hornets2010.blog33.fc2.com/tb.php/126-199ba381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いろいろな意味で面倒な時期 «  | BLOG TOP |  » 忘れてはいけない日

プロフィール

TAKA

Author:TAKA
HAMBURG時代の
“THE BEATLES”
ROCK'N'ROLL BAND!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (73)
Member (6)
LIVE (29)
photography (8)
notice (2)
楽器 (2)

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。